Menu

初診の方へ

来院に必要なもの

  • 健康保険証
  • おくすり手帳(現在服薬されている方)※1
  • 問診表
問診票のダウンロードはこちらをクリック

※クリックするとPDFが開きますので、印刷してお持ちいただくと待ち時間が少なくご案内できます。
前医のあるかたは、紹介状(診療情報提供書)をご持参ください。※2

※1お薬手帳に関して
現在他院中の方は、毎回お薬手帳の持参を強くおすすめしております。
お薬手帳は処方内容を通じて、当時の健康状態などを時間をおって把握する大切な資料として大変参考となっております。是非ともご持参をお願い致します。

※2紹介状(診療情報提供書)に関して
現在他の医療機関に通院されている方は、可能であれば持参を強くおすすめしております。心療内科の紹介状は、病状経過もさることながら調子を崩した頃の記載や初診日の情報など、診療をしていくうえで重要な診療録の一部となります。
紹介状のない方の受診も応需しておりますが、過去の診療経過を参照出来ないためご不便をお掛けすることもあると思います。
診療情報提供書(紹介状)はどの医療機関も即時発行が難しい場合がありますので、転医を検討される方は早めに通院中の医療機関にお問い合わせ下さい。

費用のご案内

費用の目安について(各種健康保険取扱)
通院医療費に関しましては、自立支援制度をご利用いただける場合がございます。
お問い合わせ時、来院時にご相談ください。

「3割負担の方の」通常の診察料金の目安(お薬の処方がある場合)

初診時 2,300~2,500円
再診時 1,400円

当院は院外処方となっております。
お薬を処方した場合には、調剤薬局にて別途薬剤料金がかかります。
なお、診察料金は、20歳未満の方、診察開始時刻、診察時間、検査などにより増減いたします。

【当院は再診は予約制をとっておりません】

当院を受診される方が増え、受診待ち時間がかなり長くなることが予想されます。
いろいろと策を検討しておりますが、予約制では、当院の『気軽に受診できる心療内科』という理念が崩れますので、熟慮の末の判断です。なにとぞ、あしからずご了解ください。

自立支援医療(精神通院)制度について

自立支援医療(精神通院)制度について

指定を受けた自立支援医療機関での通院治療費の一部を公費で負担する制度です。

原則的には、医療機関窓口での支払いは、1割負担になります(生活保護など、これ以外の公費負担制度を受けていられる方の負担が増えることはありません)。また、指定を受けた調剤薬局でも同様の負担割合になります。
一定の要件を満たせば、この制度を利用するのに所得制限はありません。逆に、所得によって一ヶ月の自己負担の上限額が決まります。

守秘義務と個人情報について

患者さまの個人情報につきまして、「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」および厚生労働省が策定した「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」を遵守して、個人の人格尊重の理念のもとに、個人情報の保護を行うことに細心の注意を払います。